エンジニアがpythonを学ぶメリット

プログラミング言語の種類は約200種類、その中でどのプログラミング言語を習得するかはエンジニアにとって非常に重要な問題だ。そんな数多くのプログラミング言語の中で利用者を増やしているのが、python(パイソン)という言語だ。利用者が増えているのは習得するメリットがあるからだが、具体的にpythonエンジニアにはどのようなメリットがあるのだろうか。

まず、メリットとしてコードが読みやすく、書きやすいという言語的特徴が挙げられる。コードが読みやすく、書きやすいと担当が変わってもコードの変更・修正・追加がしやすいので保守性の高さに繋がる。また、短く読みやすいソースコードはバグの減少、仕様変更やバグ調査・修正にかかる時間の短縮に繋がるため開発効率が上がる。そのため費用対効果を重視する企業にとっては魅力的なプログラミング言語だ。pythonエンジニアのもう1つのメリットが幅広いジャンルで活躍できることだ。Webアプリケーション・ゲームの開発やナビゲーションシステム関連、医療関連に加え、ビッグデータなどの統計解析、人工知能など注目のジャンルでも需要がある。また、アメリカを中心とした海外で人気の言語なので、外資系企業からの需要が多いのもメリットの1つだ。

このように様々なメリットがあるPythonだが、Python1つだけで勝負するのは少し厳しい。語学力を身につける、他の言語も習得するなど+αのスキルも必要だ。
兎にも角にも、今後のエンジニア人生を左右するであろうPythonの情報はこちらの【I love Python!!】というサイトから得られるので紹介しておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です