主な業務内容とは

汎用的なプログラミング言語としてpythonが世界中で多く使われているが、日本ではそのエンジニアが非常に少ない。その背景には兄弟的な言語であるRubyが先に普及してしまったことがあるが、そんなpythonも少なからず利用されている。このプログラミング言語は非常に多くの開発に利用できることから、世界では汎用的な言語だと言われるが、国内ではソフトウェア開発にはあまり使われていないのが現状だ。では、国内ではどういった用途で利用されているのかというと、それはサーバーのシステム開発に利用されているのである。現在、WEBアプリケーションが発達してきているということから、サーバサイドシステム開発の需要が高まってきている。

サーバーサイドで用いられる言語は、javaやPHPなど、実行環境があればほとんどの言語が利用できることが特徴であるが、その中でこの言語が使われているのだ。こういったことからpythonエンジニアの業務内容は、サーバーサイドのシステム開発が主だということが分かる。しかし、それだけでは無いことにも目を向けておくべきだ。この言語は実に汎用的であるからして、どのようなものにも利用できる。例えばソフトウェアの開発や社内システムの構築など、多岐にわたるのだ。この言語を専門としている限り、仕事は無限にあることが分かるだろう。そして、これからITが次世代に進んでゆくことでさらに選択肢が増えることから、常に業務の内容は移り変わっていくことに目を向けていかなければならないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です