将来を考えて休みの有効活用を

エンジニアやプログラマといったIT技術職は個人のスキルや知識が仕事面で重要視されるという特色があり、作業面においても内容によってはインターネットにつながれたパソコンが可能なものも多く、他の職種に比べて独立しやすいのである。そして現在のIT業界は人手不足が続いており、フリーランスの力を借りている状態で、独立後も仕事に困ることはないだろう。ただ問題点としてはその先、将来性に関して安定した収入を求められるかということである。一時は人気が過酷な労働現場ばかりがクローズアップされて人気が落ちていたIT技術職であるが、業界の努力により志望者の増加傾向が見られるのだ。こうなるとただフリーランスというだけで重宝される可能性は低くなり、安定性を求めるためには個人のスキルや知識を磨く必要が出てくるだろう。

この時に大切なのは休日の過ごし方で、心身をゆっくりと休めるのはもちろん必要なことであるが、学ぶ時間も大切になるだろう。この時に集中して取り組みたいのがプログラム言語で、pythonなど大企業で汎用性が高いものをマスターしておくと、独立だけではなく転職を考えた時も有利になるのである。どこでも使用されている言語を使いこなせば、それだけ仕事の幅が広がり安定性が得られますから、需要が高いプログラム言語は学んでおいて損はないだろう。先を見据えて下準備をしておけば将来に困ることがなく、今の特需がなくなっても活躍が期待できるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です